γ-GTPを下げる薬なんて無いって本当なの?

γ-GTPを下げる薬 そんな物を探してみました

 

運動は出来ればしたくない・・・(仕事忙しくてやる時間ない)
禁酒もしたくない・・・(サラリーマンは付き合いが大事)

 

即効でガンマGtpを下げたいのでサクッと薬を飲むのが一番だと考えましたが
ガンマGtpが高いっていうのは、病気ではないので薬は無いみたいです・・・。

 

γGtpを下げる方法を3つ紹介しているこのサイトですが
やはり、運動・食事制限・禁酒になってしまうんですよね

 

そもそも、γGtpが高くなる原因っていうのが肝臓のダメージによるものなので
肝臓機能が回復する薬があれば良いんだけど

 

即効性のある薬とかだと、体への負担が多いので逆効果になってしまうんだとか

 

もし、あなたが肥満体型であれば痩せるのが一番
健康診断ではたびたび肝臓の数値で要経過観察だった友人も過食を押さえて適度に粗食を心がけた事で
体質が肥満から標準になると共に、肝臓、血液の全ての数値が改善されて数値的には非常に良くなっていました。

 

肝機能の働きを手助けする漢方や自然由来のサプリメントなどもありますので
食事での栄養バランスを考えるのが苦手であれば、漢方やサプリを服用するのもひとつの手段ですね

 

肝機能低下に効果のある栄養素についてですが、しじみに多く含まれるオルニチンが有名ですが
他にはアラニン(しじみ、ほたてなどに含まれる)やタウリン(牡蠣、イカげそ、栄養ドリンクなどに含まれる)があります

 

貝類は、肝機能改善に効果のある食品ですので積極的に摂るといいですね

ナットウキナーゼ3つの働き

血栓の主成分であるふぃぶりんに直接働きかけ分解(溶解)する

 

身体の中の血栓溶解酵素であるウロキナーゼの前駆体を活性化する

 

血栓溶解酵素プラスミンを作り出す組織プラスミノーゲンアクチベーター(t−PA)量を像ださせる
 

なんか・・・難しいですねw

 

ただ、納豆は血栓を直接溶かす世界で唯一の食品成分なんです

 

血液サラサラというとDHAやEPA、イチョウエキスなどが有名ですが
これらは、出来てしまった血栓を溶かすことは出来ないのです
予防的な意味合いが強いです

 

それに比べてナットウキナーゼは、出来てしまった血栓を溶かすことが出来るという優れもの

納豆を食べると血液が固まって血栓になる??

納豆に含まれるナットウキナーゼが血液サラサラ効果に良いなら
毎食納豆を食べればいいね!と思いがちですが

 

納豆には、一点注意すべきところがあります。

 

それは、納豆に含まれるビタミンK2という成分

 

実は、納豆のビタミンK2は血液の凝固を促進させる成分なのです

 

サラサラの成分と凝固の成分が混在する納豆・・・悩ましいですね

 

血栓症の患者さんに処方されるワーファリンという薬は
肝臓でビタミンK2の生成を抑制するくすりですので、ビタミンK2が血栓症によくないのは確かですね

 

そんな時に、悩んでいるみんながどうしているかというと
ナットウキナーゼだけを抽出したサプリメントを飲んで納豆の良い部分だけを身体に取り入れています。

 

サプリメントも合う合わないがあるので、絶対に飲んだほうがいいですよとは言えませんが
興味があるのであれば、少しお試ししてみるのもいいかもしれませんね!