お酒を飲まないのにガンマGtpの値が高いのは何故?

お酒のアルコールが肝臓にダメージを与えてガンマGtpの値が高くなるのですが
アルコールだけが肝臓にダメージを与える原因では、ありません

 

例えば、ガンマGtpが上がる原因として
運動不足、肥満、睡眠不足、ストレス、不規則な生活

 

などがあります。
お酒を飲む人にガンマGtpが高い人が多い理由としては
直接的なアルコールはもちろんですが。

 

遅くまで深酒して寝る時間がヘリ、睡眠不足になったり
不規則な生活リズムになっていたり
飲み屋さんで出てくる揚げ物などを良く食べて食事のバランスも悪くなっていたりと

 

その他の様々な要因も重なるからだと思います。

 

お酒を飲まなくても
夜更かししてテレビを見ている、運動しないでお菓子を食べているなど
脂肪肝になっていたりするかもしれません

 

ただし、私は健康には気を使っている方なんだけど
ガンマGtpの値が高いと言う事であれば、ちょっと注意が必要です

 

肝臓病、胆石や胆道系のがん、原発性胆汁性肝硬変とよばれる胆道系の病気などが原因で高くなることもありますし
また、抗てんかん薬、抗けいれん薬、向精神薬、ステロイドなどの服用でも、γ-GTPの値は上昇します。