ガンマGtpを下げる漢方の効果効能とは?薬に頼らない方法

ガンマGtpを下げる漢方の効果効能とは?

 

γGtpが高いとやっぱり、色々な病気の不安が出てきますよね
値を下げるために生活習慣を見直すのは、もちろんですが
即効でγGtpを下げるために薬って選択肢もあるけど

 

やっぱり、薬は体への影響が強いから躊躇してしまう

 

そんな人の多くが選ぶのが漢方です

 

ただし、γGtpの値を下げる漢方という ピンポイント商品はありません
ガンマGtpの値が高くなる原因は、肝臓ダメージによる肝機能低下なので

 

肝臓を守る、肝機能をアップする漢方を服用するのが良いでしょう

 

ガンマGtpを下げる漢方一覧

柴胡剤(さいこざい)

大柴胡湯(だいさいことう)

小柴胡湯(しょうさいことう)

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

茵陳五苓散(いんちんごれいさん)

茵陳高湯(いんちんこうとう)

柴芍六君子湯(さいしゃくりっくんしとう)

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)

 

上記、漢方薬が肝臓病に対する漢方です
「急性肝炎」「肝機能値異常」「慢性肝炎」「ウイルス性肝炎」「アルコール性肝炎」「薬物性肝炎」「肝硬変」「脂肪肝」が気になる方は是非

 

また、食品で言うと
うこんやしじみ、田七人参(でんしちにんじん)などが肝臓に良いですよ